MBCトップ > MBC会社案内 > 番組審議会

平成29年度 第5回 南日本放送番組審議会

  • 1.開催日時:平成29年9月27日(水)午前10時30分〜
  • 2.開催場所:MBC放送会館 5階会議室
  • 3.出 席 者:委員の総数 11名
    出席委員数  7名
    欠席委員数  4名
    社側出席数  7名
4.議  題:
番組審議 テレビ番組 日本のチカラ『WILD LIFE 硫黄島』
(9月3日(日)午前6:15〜6:45放送)

内  容
 白煙噴く硫黄岳を抱く三島村の硫黄島。2015年、日本ジオパークに認定されたこの島では、火山の島の知られざる光景と手つかずの大自然が広がります。
 海中温泉が岩肌を削って作った洞窟は、エメラルド色に輝いています。海に面した露天温泉はダイナミックな絶景で、夜は満天の星が輝いています。そして噴気活動が続く硫黄岳の山頂には、貴重な産業遺産も残っています。人口は僅か131人。商店はひとつしかなく、信号すらない、いわゆる何もない島ですが、島民たちは独自の文化を作って暮らしています。
 ただ便利で「ある」ということは本当に豊かで幸福なことなのだろうか。硫黄島に移住した元南極観測隊員に密着しました。

審議内容:主な意見は下記のとおり

*硫黄島の自然を4Kカメラで撮影した映像が美しくて素晴らしい。世界に伝えたい映像であり、ストーリーであった。

*主人公の生き方を伝えたいのか、硫黄島の自然を紹介したかったのかはっきりしなかった。

*島に移住してきた人がどれ位いるのか知りたかった。

*人に焦点を当てて、島の魅力を発信することも大切だと感じた。

*地球の素肌を感じる鹿児島の良さを発信しながらも、島民に対しては謙虚で気負いもない。その生き方のスタンスが好きだ。

*海の色が茶色に変わっている理由の説明があると良かった。

*地球に寄り添っている生き物として主人公を描いている。人の生き方についてあらためて考えさせられた。

*主人公は謙虚だが、人と自然をつないでいくというメッセージが強く響いてきた。

*主人公の行動を通して、豊かさとは何かを考えさせられた。

*番組の前半はBGMがなく、自然の音だけで島を紹介していたところが良かった。

*自然を対象にして起業することは気付かなかった視点。主人公の知識を生かして島の豊かさ、価値観を見出す姿に感動した。

以上

【MBC会社案内】

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。