MBC NEWS

県美展はじまる[05/20 12:21]

県関係の幅広い世代が手がけた絵画や彫刻などの作品が並ぶ「県美展」が、20日から鹿児島市で始まりました。県美展は、毎年この時期に県美術協会などが開いているものです。今年は洋画、日本画、彫刻など6つの部門に県内在住者や出身者から、993点の応募があり、会場の鹿児島市立美術館と黎明館には、入選作品など780点が展示されています。公募の部の最高賞には、前田一仁さんが、福島第一原発事故による帰還困難地域をイメージして描いた作品、「帰れない町」が選ばれました。美術協会の会員の部の最高賞は桶田洋明さんの洋画「過ぎゆく刻」が選ばれました。県美展は今月28日まで開かれています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。