MBC NEWS

タクシーの運転手らが献血[08/10 16:05]

タクシーの運転手らが社会貢献の一環として、鹿児島市で10日献血を行いました。日本でタクシーが生まれたのは1912年8月5日に東京でT型フォード6台が営業を開始したのが始まりとされ、タクシー業界は8月5日を「タクシーの日」と定めています。また毎年この時期、県タクシー協会はボランティア活動を行っています。10日鹿児島市のイオンモール鹿児島では日本初のタクシーとなったT型フォードが特別展示されました。そして、タクシーの運転手や関係者らが献血を行いました。また県タクシー協会から県内の10市町村の社会福祉協議会に車いす10台が贈られました。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。