MBC NEWS

関西かごしまファンデー 3万5千人が来場[04/16 20:09]

関西で鹿児島の物産などを盛大にPRする「関西かごしまファンデー」が、15日に大阪市で開かれ、多くの鹿児島県出身者らでにぎわいました。

関西かごしまファンデーは、関西鹿児島県人会総連合会が毎年開いていて、今年で14回目です。
会場の京セラドーム大阪には、特産品など300を超えるブースが出展し、鹿児島を関西にPRする場になっています。
さつま揚げや焼酎、あくまきなどが並び、懐かしい味を求める大勢の人で賑わっていました。

関西鹿児島県人会総連合会には、出身地や出身校、居住地別につくられた79の団体が加盟していて、会場は大阪や京都、兵庫などに住む県出身者の交流の場にもなっています。
それぞれの県人会は、床に敷いたシートに輪になって座り、焼酎やふるさとの味で話に花を咲かせていました。

来場者はおよそ3万5000人。京セラドームでは1日中、鹿児島弁と関西弁が飛び交っていました。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。